本文へ移動
2×4工法
(ツーバイフォー工法)
2インチ×4インチの寸法の木材と構造用合板を用いて建築する方法を採用。
日本で昔から建てられている在来軸組工法との大きな違いは大黒柱の有無ですが、大きな柱に依存するのではなく、建物全体の各々の壁が全体で建物を支えているため、地震に強いといわれています。
瑕疵担保責任保険
(躯体の10年保証)
瑕疵担保責任保険とは、お客様が安心して暮らせるように、住宅の品質をお約束するものです。
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に定められている、主要構造部分(基礎・柱・雨水の侵入を防ぐ部分)については、引渡しより10年間の長期保証を適用しております。
また、第三者機関による保証にも対応し、お客様の暮らしを10年間にわたりサポート致します。
地盤保証
(地盤の20年保証)
基礎の形状や建物の配置、支持層の深さ、傾斜地の地盤構造などを調べるために、
地盤調査を行っております。また、その地盤調査の結果について第三者機関(一般社団法人ハウスワランティ)が解析を行い、適切な基礎仕様を判定すると同時に万が一に備えて20年間の保証を適用しております。
フラット35S適合
(省エネルギー:金利Bタイプ)
フラット35Sは、省エネルギー性などの特定の基準を満たしている場合に、
通常のフラット35の金利から年0.25%が一定期間引き下げになる制度のことです。